スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真集『池田みどり』撮影秘話〈 後編 〉

こんにちは。
再びサポーターのイノウエです。
今日は生憎の天気でしたが、まち見世は各所で盛り上がっているようです。
そんな中、昨日に引き続き写真集『池田みどり』撮影秘話の後編をお届けしたいと思います。



前回の撮影からちょうど一週間後、撮影隊は再度京島に集合。
その夜も野良猫たちとのからみから始まりました。

ikedamidori26_convert_20091203212345.jpg


路地を歩きながら、池田さん、三田村さんは気になる場所を見つけて撮影していきます。
お二人の「気になるポイント」は主に光のようでした。


ikedamidori53


通常、きれいに写真を撮るには朝方や午後3時頃~夕方頃の光がよい、などと言われているようですが
何せこの作品の撮影はすべて夜。架空の人物「池田みどり」の謎めいた物語の断片です。

外灯の光、白いトタンから漏れる民家の光、電光の看板・・・など、三田村さんたちは自由に光を見つけていきます。

ikedamidori30   ikedamidori31   ikedamidori32  



そして何といってもこの町での撮影の醍醐味は路地。
住民である私も知らない狭い小道(道なのか?!)に、どんどん入っていきます。

玄関の扉が突然開いてドキっということもありましたが
堂々と「こんばんは。お騒がせしてすみません」などと挨拶をすると
意外と 「ごそごそ何かと思ったわ~」と、また家の中へ戻って行かれます。

池田さん曰く、「こいつら本気だ」と思わせることがポイント、とのこと。


このエリアのもう一つの特徴は、数々のトマソン的なモノたちでしょうか・・・。

ikedamidori37  tomason1     ikedamidori52
  

写真左 : トマソンガードレール(?)の中におもむろに入って行った三田村さんの足元を池田さんと多田さんとですかさず撮影。ちなみにこの時、まだ8時前でした。

写真中 : トマソンではないかもしれないですが、以前建っていた家の跡がくっきりついたアパートの壁!

写真右 : トマソンとは関係ないですが、多田さんのサービスショット!
      (この日多田さんは終始三田村さんのスカーフとサングラスを身に着けていました)


ikedamidori38


迷い込んだ路地で、我々は「ありえない」ような妖しく美しい光を発見!
緑の光に近づいていく三田村さん。
どんなにのん気な会話をした後でも、カメラを向けられるとすっと役に入っていきます。
美しいです。



その後、「すっごい場所を見つけた」と池田さんが連れて行ってくれたのは・・・・
お馴染みのあの古い商店街の中にあった、建物と建物の狭間の白い空間でした。
昭和の雰囲気や下町人情、トマソンや野良猫にまぎれて突然存在しているスタジオの様な場所。
本当にこの町はおもしろいです。
自分の町や身近なモノがおもしろいということに、いつもアーティストの方たちに気付かせてもらえます。


ikedamidori40


すっかり長くなってしまいましたが、私が知っている撮影秘話は以上です。
会期もあと一週間をきりましたが、まだまだイベント盛りだくさんですので
皆さん週末は是非墨東エリアへ遊びに来てくださいね。


ikedamidori43 


映像インスタレーション 写真集「池田みどり」

会期:11月29日[日] ~ 12月6日[日]
上映時間:14:00-18:30
会場:スタジオ・シェッラハル 墨田区向島4-7-4
TEL:03-6751-8474
www.lazur.jp/siellaharun.htm

写真集「池田みどり」 定価 1000円(税込)


テーマ : ギャラリー展示案内
ジャンル : 学問・文化・芸術

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
まち見世屋台ついったー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。